ISHIDA IARA OFFICIAL WEBSITE

top-newsblog

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』第30号、センチメンタルな ブックトークになりました。

booktalk-2

────────────────────────

消えてしまった街の本屋のエッセイ。
短篇はぼくが観てきた「映画館」の歴史について。
夏が終わって、なぜか懐古的でセンチメンタルな
ブックトークになりました。

石田衣良

────────────────────────

石田衣良ブックトーク 『小説家と過ごす日曜日』
第30号を配信しました。

────────────
今週の目次
────────────

00 PICK UP「前向きになれる本を教えてください」
01 ショートショート「ぼくの映画館史」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈30〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記
今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈30〉
──────────────────────

◇なつかしい本屋さんの話   石田衣良

東京に熱帯低気圧がきた大雨の夜、有楽町のよみうりホールは半分ほどの来客で埋まっていた。読売新聞の活字文化推進会議が主催するイベントがあったのだ。タイトルは「本屋さんにいこう@有楽町」。いや、いい題名だなあ。

パネリストとして参加したのは、講談社の元名物編集長と出版ジャーナリスト、それに作家を代表してぼく。おまけにビブリオバトルの各年代優勝者(すべて女性!)。

ジャーナリストが口を開いた。

「日本には最盛期2万3千軒の本屋さんがありました。それも今は半減しています。その時点で日本の2倍以上の人口があるアメリカよりも多かったのです」

「そうですよね、海外ではマガジンスタンドとブックストアは別々ですから」

とぼく。続けていった。

「でも、普通の街のあちこちにあった家族経営の本屋さん、あれが日本の本の世界を支えていたと思うんです」

そうなのだ。街の本屋さんは交番に似ている。交番があちこちにあることで日本の治安は、海外に比べ段違いにいい。いくつかの国は日本に視察にきて、交番制度を本国に導入している。同じように街の本屋さんも、本好きな国民をつくるうえで、おおきな役割を荷なってきた・・・続きはブックトーク第30号で……)

 

◆街の灯台   真島マコト

おれが子どもころは、まだ池袋の街にはいくらでも本屋があった。

駅まえの大型書店じゃなく、タバコと雑誌とマンガ、それに文字の本が少々。

そんな感じの街の普通のちいさな本屋だ。

中学生になると自転車にのって、よく遠くの本屋にダチと遠征したものだ。

もちろん地元の本屋じゃ買えないエロ本を買うために。

あのころはまだガキでみんなビビっていたから、いざ買おうとすると手が震えてしまったものだ。

がちがちのエロ本を買おうと決心しているのに、あまりの恐怖にとなりにある「週刊プレイボーイ」をレジにもっていったりしてな。

そういうのはあとで馬鹿にされるから、ほんとは逆にはずかしいんだけどな。

普段は無口で大人しいやつがばりばりのSM雑誌なんかを口うるさそうなオヤジのまえに平然とおいたりすると歓声でむかえられ尊敬されたもんだ・・・続きはブックトーク第30号で……)

────────────────────────

毎回、驚きの質問が飛び交う「恋と仕事と社会のQ&A」コーナー。

今回の質問を駆け足でご紹介します。(抜粋でごめんなさい!)

  • ▼PickUp▼42歳男です。妻と2歳の子どもと暮らしています。石田さんの「世間の価値観にはまっていると落ちていくことになる」との言葉が印象的でした。読書をすることによって、自分の価値観を見つめ直していきたいです。しかし、やることに追われす……
  • ▼Q.1▼20代代女子です。最近、テレビで昔の曲の特集をみていたら親世代のフォークソングや歌謡曲が心に響いていいなと思いました。衣良さんはおすすめの日本人シンガーはいますか?
  • ▼Q.2▼この間、不倫相手がわたしのことを奥さんの名前で呼びました。それは別にいいのですが、逆のパターンで、奥さんのことを私(愛人)の名前で呼んでいたらどうなっていたんだろうと思うと戦慄が走りました。GPS対策で、デートに行くときはスマホを……
  • ▼Q.3▼高2男子です。彼女がSEXをしたがらないのですが、どうしたらいいでしょうか。恥ずかしいからと言います。彼女の性欲を開花できてないのはぼくのせいだと思うのですが、どうしたらいいかわかりません。3回くらいはなんとかしました。ぼくの事き……
  • ▼Q.4▼39歳の主婦です。主人に離婚を切り出されました。私としては絶対に別れる気はありませんし、万が一別れるとしても、年齢が年齢なので子どもだけはほしいと思っています。しかし夫とは数年前からセックスレス。そこで人工授精をお願いしましたが、……
  • ▼Q.5▼22歳の整体師の見習いです。腕がいいと評判の整体師のもとで修行をしています。ただ、その整体師の先生がなんだかいやらしいのです。お店を閉めたあとに、私に実践指導をしてくれるのですが、必要以上にお尻をぎゅっと掴んだり、手を握ったり、ブ……
  • ▼Q.6▼27歳男性です。まわりの人からは優しい人だとよく言われます。ただ、自分の中には暴力的な衝動があります。たとえば、駅のホームや街中で若くて派手な女性を見かけると、理由もなく暴力を振るいたくなってしまうのです。もちろん、実際にはそんな……
  • ▼Q.7▼看護師として、仕事や勉強にと忙しい日々を送っている間に、気づけば30歳になりました。これまで、意識して避けていたわけではないのですが、異性との縁がなく、いまだに処女です。30歳で処女というのは恥ずかしいことなのでしょうか? いっそ……

 

さてさて、石田衣良の回答は?

続きはブックトーク本編でお楽しみ下さい。

────────────────────────

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

【メールマガジン】石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』は、毎月第2・第4金曜日に配信中!

メルマガのご登録初月は無料。当月配信分、全てお試しいただけますので、ぜひお気軽にお楽しみ下さい。

詳細はこちら→http://ishidaira.com/booktalk/

────────────────────────

◆バックナンバー販売のお知らせ◆

過去に配信したメルマガバックナンバーは、以下よりご購入頂けます。

・キクタスストア http://kiqtasstore.com/ishidaira/
「バックナンバーを購入する」から
・夜間飛行    http://yakan-hiko.com/ishidaira.html
・まぐまぐ    http://www.mag2.com/archives/0001660015/

────────────────────────

2016年9月23日|

新刊「モーツァルトのいる休日~大人の楽しむクラシック~ (マイナビ新書)」10/5発売!

モーツァルトのいる休日~大人の楽しむクラシック~

モーツァルトのいる休日~大人の楽しむクラシック~

 

10/5新刊が発売されます。

※現在、Amazonにて予約注文が可能です。

モーツァルトのいる休日~大人の楽しむクラシック~

 

クラシックをもっと身近に感じるために。

モーツァルト生誕260周年の今年、作家・石田衣良氏にモーツァルトの魅力、ご自身の作品や人生に与えた影響などを語っていただきます。そして、石田衣良氏がお勧めするモーツァルトの名曲10作品の魅力を解説。

さらに、石田衣良氏が司会を努めるNHKの番組「ららら♪クラシック」で共演している、作曲家・ピアニストの加羽沢美濃さんとモーツァルトの魅力を語り合います。

言うなれば、石田衣良版・モーツァルト入門である本書で、クラシックの魅力を再確認しましょう。

 

 

2016年9月14日|

▼Q▼子どもの前で暴言をはく夫と離婚を考えています。 ─ 恋と仕事と社会のQ&Aより

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」に掲載された、過去の記事よりQ&Aをご紹介!石田衣良の回答もご覧頂けます。

▼Q▼
7年前に主人と結婚し、今はふたりの娘もいます。主人と私は共働きで、子供は保育園に預けています。でも、朝の忙しい時間も主人は見てみぬふりをします。主人が休みで、私が出勤の日でも協力してくれません。また私が作る食事に関しても「こんなものマズくて、食えない」とカップラーメンを食べたりします。仕事から帰宅し、時間のないなかで一生懸命作ったものに対してそんな言い方はないと悲しい気持ちになりました。また日々私に対して「ブス、ブタ」という暴言も子どものまえで吐きます。お金の使いかたも荒く、貯金を崩してパチンコへ行ったり、相談もなくバイクを買ったりします。マイホームをもつ夢も程遠く、貯金も貯まりません。こんな状況なら、主人と別れ、私の収入だけで生活していった方がどれだけ幸せな生活ができるかと思っています。ただ離婚をしてしまうと子どもたちがかわいそうと思い踏み留まっているところです。

【A】

いやあ、こまったねえ。この男は、はっきりいってもうだめじゃない。やっぱり結婚生活のなかで一番大事なのは、お互いちゃんと相手を尊敬する気持ちがあることだと思うんだよね。この彼に関しては、結婚相手に対してそんな気持ちが一切ないっていう感じじゃない。でも、離婚したら子どもがかわいそうという気持ちもあるということなので、とりあえず離婚届に自分の分のハンコを押す。それを見せたうえで「私としてはこういう状況が耐えられないので離婚を考えているんだけど、あなたはこの状況を改善しようとか、がんばってみようっていう気はありますか?」という話をちゃんとしたほうがいいんじゃないですか。そのうえで「何いってるんだ、このブタ」とか言われたら離婚すればいいと思いますよ。ちゃんと養育費もとるようにね。 この男に関しては何かが変わるとはあんまり思えないので、たぶんそういう話をしてもムダだろうとは思うけれど。でもいちおう「やれるだけのことはやった。だから離婚した」ということをしないと、あなたが離婚後に「子どもたちに申し訳ないことをした」ってずっと一生悩むと思うんです。だから「この人は、こういう人だ」ということをちゃんと自分で見極めるうえでも、一回きちんと正面から話をしたほうがいいと思いますね。

 

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。メルマガでは、1号につき10以上の質問に回答中。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

【メールマガジン】石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』は、毎月第2・第4金曜日に配信中!

新コーナーに動画配信と、ますますパワーアップしております。

メルマガのご登録初月は無料。当月配信分、全てお試しいただけますので、ぜひお気軽にお楽しみ下さい。

詳細はこちら→http://ishidaira.com/booktalk/

────────────────────────

◆バックナンバー販売のお知らせ◆

過去に配信したメルマガバックナンバーは、以下よりご購入頂けます。

・キクタスストア http://kiqtasstore.com/ishidaira/
「バックナンバーを購入する」から
・夜間飛行    http://yakan-hiko.com/ishidaira.html
・まぐまぐ    http://www.mag2.com/archives/0001660015/

────────────────────────

2016年9月13日|

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』第29号、私小説風短篇です。

booktalk-2

────────────────────────

直木賞受賞の夜の私小説風短篇と
リオ・オリンピックのエッセイ!
選考待ちはなかなかスリリングですよ。

石田衣良

────────────────────────

石田衣良ブックトーク 『小説家と過ごす日曜日』
第29号を配信しました。

────────────
今週の目次
────────────

00 PICK UP「育児サークルに行くのが苦痛です」
01 ショートショート「3度目の夜に」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈29〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記
今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈29〉
──────────────────────

◇リオ・オリンピック雑感   石田衣良

昔のオリンピックの印象というと、国の威信を両肩にずっしりと乗せた日本人選手が、プレッシャーでつぎつぎと潰れていくというもの悲しいものだった。東西がメダルの数で国力を誇示していた冷戦下はとくに。そんなに硬くなることないよ。好きで始めたスポーツじゃないか。どんなに真剣だろうと、そんなのただのゲームだよ。そう声をかけてあげたくなるくらい。

それが今回のリオでは違った。柔道やレスリングなどお家芸と呼ばれるいくつかのスポーツではまだ国威発揚というか、絶対に負けられない闘い感が残っていたけれど、ほとんどの種目で日本人の若者は伸びのびと実力を発揮していた。

実をいうとぼくはスポーツというのは無理やりルールを設定して、実生活では存在しない勝ち負けをはっきりと明確にする単なる遊びだと思っている。例えば陸上の100メートル走だ。確かにボルトは速い。でも、元気な人なら100メートルを20秒で走るのはさして困難ではないだろう。地球上の50億人くらいはきっと20秒以内で走れるはずだ。

暮らしていく上では、10秒でも20秒でも実用的にはなんの変化もない。だいたい全力疾走なんてしないしね。無理してあんなふうに1番を決めているだけなのである。すごいといえばすごいけど、ほんとはどうでもいいよね。スポーツというのは、本来そういう遊びなのだ。自分の体型や体力に見あったルールの種目を選んで、同好の士と競いあうゲーム=遊びだ・・・続きはブックトーク第29号で……)

 

◆たのしい夏のお祭り   真島マコト

始まるまでは、リオ・オリンピックにはなんの関心もなかったが、実際に真剣に闘う選手たちを見ると、やっぱり盛りあがるよな。

店番があるから、さすがに昼夜逆転というわけにはいかなかったけど。

ただもうすこし日本人のでていない競技をオンエアしてもらえないだろうか。

自転車、ボクシング、バスケット、サッカーの決勝リーグ、その他いろいろ。

日本人が活躍してるところだけ見たがっているというのは、テレビ局の勝手な決めつけだよな・・・続きはブックトーク第29号で……)

────────────────────────

毎回、驚きの質問が飛び交う「恋と仕事と社会のQ&A」コーナー。

今回の質問を駆け足でご紹介します。(抜粋でごめんなさい!)

  • ▼PickUp▼30代の女性です。育児サークルに参加しているのですが、ママ友との会話が苦手で仕方ありません。子どもの近況や、旦那の愚痴とか他愛もない会話がほとんどなのですが、正直「どうでもいい」と感じてしまいます。世間話が延々と3時間に及ぶ……
  • ▼Q.1▼41歳男性です。参院選の日の夜に書いておりますが、今回の結果には絶望的になってしまいます。日本はこの先どうなってしまうのだろう? 多数派にとっては、少数派へのしわ寄せよりも目先のお金の方が重要なのでしょうか? 石田さんはどのように……
  • ▼Q.2▼明日術後1年検診です。時間を大切に過ごしていきます。高2娘の進路について衣良さんの意見をお聞かせください。娘は専門学校に行き、飛行場で働くグランドスタッフになるのが合っているかなと思っています。ただ、派遣社員が多いと聞きます。衣良……
  • ▼Q.3▼41歳男性です。月イチ2文運動、盛況のようで何よりです。自分は買っても読めない本が部屋に積んである状態ですが。石田さんは少年時代から大量の本を読んでいらっしゃるようですが、自然に速読ができたのでしょうか。お忙しい今、どのくらいのペ……
  • ▼Q.4▼結婚前提で付き合っていた彼に別れを切り出されました。突然のことでショックな上に、彼が同僚の女性と結婚の準備をすすめているということが発覚しました。私とは4年つきあって、親にも会っていたし、結婚の話もしていただけに、その裏切りがショ……
  • ▼Q.5▼21歳の学生です。ひと月前からつきあっている彼氏とのデートがマンネリで悩んでいます。毎回、駅で待ち合わせてラブホテルに直行するようなデートばかりなんです。「普通のデートがしたい」とお願いしているのですが、いつも適当に流されてしまい……
  • ▼Q.6▼兄弟の婚約者が受け入れられず悩んでいます。兄の婚約者ですが、このままいけば結婚するのではないかと考えるとぞっとします。会話は自慢話ばかり、他人の気遣いができない、言葉遣いも悪い、たいして可愛くもない。いいところを探してそこを好きに……
  • ▼Q.7▼妻の存在が重すぎてつらいです。どこにでもついてきて、四六時中べったり一緒にいようとします。外出しようものなら、すぐにGPSで居場所を特定されたり、携帯で呼び戻されたりするため、1人の時間もろくに持てません。男友達との飲み会について……

さてさて、石田衣良の回答は?

続きはブックトーク本編でお楽しみ下さい。

────────────────────────

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

【メールマガジン】石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』は、毎月第2・第4金曜日に配信中!

メルマガのご登録初月は無料。当月配信分、全てお試しいただけますので、ぜひお気軽にお楽しみ下さい。

詳細はこちら→http://ishidaira.com/booktalk/

────────────────────────

◆バックナンバー販売のお知らせ◆

過去に配信したメルマガバックナンバーは、以下よりご購入頂けます。

・キクタスストア http://kiqtasstore.com/ishidaira/
「バックナンバーを購入する」から
・夜間飛行    http://yakan-hiko.com/ishidaira.html
・まぐまぐ    http://www.mag2.com/archives/0001660015/

────────────────────────

2016年9月9日|

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』書籍化決定と第2回公開収録のお知らせ

──────────────────────────────

『ブックトーク』書籍化記念!
第2回の公開収録を開催します。
笑いあり大人のアドバイスありの楽しいトークショーです。
皆さん、ぜひどうぞ。

石田衣良

──────────────────────────────
■第2回・公開収録の御案内

大好きな本の世界を新しいフィールドにしたい──そんな石田衣良の思いから2015年7月にスタートしたメールマガジン『石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」』。おかげさまで2年目を迎え、本メルマガをまとめた紙の書籍もこのたび発売されることとなりました。

2回目となる今回の公開収録では、「恋と仕事と社会のQ&A」「IRA’S ワイドショー たっぷりコメンテーター」「IRA’S ブックレビュー」「お気に入りグッズ紹介」……メルマガで実際に掲載・配信する人気コーナーの収録を行います。公開収録にはどなたでも参加いただけます。会場でみなさまとお目にかかれますことを楽しみにしています。

【日時】2016年9月9日(金)19:00~21:00(18:40開場)

【会場】BUKATSUDO HALL
〈住所〉横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号
ランドマークプラザ 地下1階
〈交通〉みなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩3分、
JR市営地下鉄「桜木町」駅徒歩5分
〈アクセス詳細〉http://bukatsu-do.jp/access.html
〈問い合わせ先〉http://www.kiqtasstore.com/contact

【参加費】3,240円(税込み)

【定員】70人(先着順、定員に達し次第締め切らせていただきます)

【お申し込み方法】
キクタスストアにてお申し込み下さい。
http://ec.kiqtasstore.com/?p=2085

【キャンセルについて】
3日前(9月6日 0時0分)までのキャンセルにつきましては、全額返金させて頂きます。それ以降のキャンセルにつきましては、返金できかねますのでご了承下さい。

【出演】

  • 石田衣良(作家)

ishidairaいしだ・いら/1960年、東京生まれ。84年に成蹊大学を卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。97年「池袋ウエストゲートパーク」でオール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。2003年「4TEEN フォーティーン」で直木賞を受賞。06年「眠れぬ真珠」で島清恋愛文学賞、13年「北斗、ある殺人者の回心」で中央公論文芸賞を受賞。『アキハバラ@DEEP』『美丘』など著書多数。近著に『逆島断と進駐官養成高校の決闘』(講談社)などがある。

http://ishidaira.com/

 


 

  • 早川洋平
    (石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」プロデューサー/メディアジャーナリスト)

hayakawa_150x150はやかわ・ようへい/新聞記者を経てメディアジャーナリストに。2008年、インターネットラジオ「キクマガ」をスタート。よしもとばなな、高城剛ら150人以上が出演、累計ダウンロードは1,300万回を超えている。近年はユニクロやネスカフェなどのCMにもインタビュアーとして携わる。メディアプロデューサーとしても活動。音声メディア配信サービス「キクタス」は、公共機関、企業、作家などに活用され、世界での累計ダウンロードは1億回を超えている。

http://yohei-hayakawa.com/

 

2016年9月3日|
top-booktalk

ポッドキャスト(無料ネットラジオ)配信中!

▶︎ iPhoneはこちら
▶︎ Web版はこちら
▶︎ Androidはこちらの無料アプリをインストールして「石田衣良」で検索