ISHIDA IARA OFFICIAL WEBSITE

top-newsblog

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』第37号、新年はゆっくりしっとり始めましょう。

booktalk-2

────────────────────────

作家生活20周年のご挨拶と
映画『スティング』のテーマ曲をめぐる
黒人作曲家の秘話。
新年はゆっくりしっとり始めましょう。

石田衣良

────────────────────────

石田衣良ブックトーク 『小説家と過ごす日曜日』
第36号を配信しました。

────────────
今週の目次
────────────

00 PICK UP「2017年の国内経済は?」
01 ショートショート「エンターテイナー」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈37〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記
今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈37〉
──────────────────────

◇20年目の再スタート   石田衣良

ぼくが新人賞をもらったのは、今はもう恐竜時代にも感じられる1997年の秋だった。

文藝春秋が発行している小説誌「オール讀物」の推理小説新人賞というのをもらったのだ。ただし、その賞は由緒ある新人賞とはいえ短篇の賞。そうなるとすぐに本がだせるわけではないので、どうにもデビューしたという実感が乏しい。

そこで、翌年受賞作を連作化した『池袋ウエストゲートパーク』の単行本が、石田衣良の名前を冠して世にでたときを個人的にはほんとうのデビューだと思っている。それが98年だから、2017年はいよいよぼくもプロの作家生活20周年を迎えるのだ。

そのあいだ50冊以上の本を書き、ドラマや映画の映像化も10作品を超えた。きっと英語圏でこれだけの活躍をしていたら、世界中に家を3軒はもっているに違いない。ハリウッドの大作なら原作料は1億円をくだらない。でも、ここは日本なので、そうはかんたんにはいきません。新年もまたこつこつ書き続けないとぱたりと倒れる自転車操業なのだった。

20年というと、赤ちゃんが成人式を迎えるほどの長いながい歳月だ。それだけの時間を専業作家として過ごしてきて、まだまだ先がある。ときに気が遠くなりそうになるけれど、ここまでの20年で、ぼく自身の作家生活の前半戦が決定的に終了したのだと思っている・・・続きはブックトーク本編で……)

 

◆おれのシリーズ   真島マコト

自分でもまったく驚いてしまう。

もうおれが主人公のシリーズが10冊を超えたのだ。

それどころか春にはもう池袋シリーズの13冊目がでるという。

この街によくもそれだけの物語があったものだ。

記念すべき第1冊目の『池袋ウエストゲートパーク』の最後で「街の物語に終わりはない」といったけど、ほんとうにそのとおりになるなんて、想像もしていなかったのだ。

こいつを書いている今は13冊目の最終話をあれこれとひねっているところ・・・続きはブックトーク本編で……)

────────────────────────

毎回、驚きの質問が飛び交う「恋と仕事と社会のQ&A」コーナー。

今回の質問を駆け足でご紹介します。(抜粋でごめんなさい!)

  • ▼PickUp▼昨年2016年はイギリスのEU離脱や、トランプ大統領誕生、福岡の道路に大穴があいた事故、50数年ぶりの11月の雪など、「天変地異の前触れではないか」ということが相次ぎました。2017年は、どんな年になると思いますか? とくに……
  • ▼Q.1▼彼女が、一緒にいるときにいつも携帯をいじっています。ゲームしたりSNSをしたりしています。ぼくと一緒にいるのになぜ他の人とつながっていたいのかわかりません。自分といるときに携帯をいじらない女子と付き合いたいのですが、そんな子存在し……
  • ▼Q.2▼23歳男性です。彼女がセックスを求めてくれないのが辛いです。1つ歳上の彼女で付き合って4年くらいになります。セックスレスというわけではなく、付き合い始めてから月に1、2度くらいはしています。本当はもっとしたいのですが、会える頻度や……
  • ▼Q.3▼23歳の女性です。わたしと彼は金銭感覚が違います。たとえばコーヒーを飲むなら、わたしはおしゃれなカフェでおいしいケーキと一緒に楽しみたいです。でも彼は、「セブンイレブンのコーヒーで十分」といいます。こんな感じで、わたしはお金を楽し……
  • ▼Q.4▼ 25歳男性です。石田衣良さんは読んだ本の内容は細部までいつまでも覚えていますか? 私の中では「おもしろければいい」って考えをしています。ですが、「せっかく本を読んでいるのに忘れたら無駄じゃないのか?」という考えが出てきます。石田……
  • ▼Q.5▼少し前に、東京デザインウィークで、木製のジャングルジムが燃え上がる痛ましい事故がありました。また、北九州市の遊園地で、死んだ魚5000匹を氷漬けにしたスケートリンクが発表され、批判が殺到しました。あまりクレームばかり送るのもどうか……
  • ▼Q.6▼そろそろ年賀状の季節ですね。ぼくはそろそろ、たいして付き合いもない人に年賀状を送るのをやめようかなと思っています。だって、つながりの薄い人から、子どもの顔写真入りの年賀状なんて送られてきても、正直いらないですよね? 親しい人への挨……
  • ▼Q.7▼私はめがね男子が大好きです。パソコンで目が疲れてめがねをとって目頭を押さえている姿とか、仕事中に同僚がしているとたまりません(笑)。衣良さんは女性の○○(まるまる)フェチ的なところはありますか?

さてさて、石田衣良の回答は?

続きはブックトーク本編でお楽しみ下さい。

────────────────────────

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

【メールマガジン】石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』は、毎月第2・第4金曜日に配信中!

メルマガのご登録初月は無料。当月配信分、全てお試しいただけますので、ぜひお気軽にお楽しみ下さい。

詳細はこちら→http://ishidaira.com/booktalk/

────────────────────────

◆バックナンバー販売のお知らせ◆

過去に配信したメルマガバックナンバーは、以下よりご購入頂けます。

・キクタスストア http://kiqtasstore.com/ishidaira/
「バックナンバーを購入する」から
・夜間飛行    http://yakan-hiko.com/ishidaira.html
・まぐまぐ    http://www.mag2.com/archives/0001660015/

────────────────────────

2017年1月13日|

▼Q▼彼女と別れると約束して付き合った彼、まだ別れてくれません。 ─ 恋と仕事と社会のQ&Aより

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」に掲載された、過去の記事よりQ&Aをご紹介!石田衣良の回答もご覧頂けます。

▼Q▼
21歳女性です。現在同じ年の彼と都内で同棲をしているのですが、実は彼には、地元に2年間お付き合いしている彼女がいます。彼女と別れるから一緒に居て欲しいと言われて早1年が経過し、半年前から同棲を始めましたが、まだ彼は地元の彼女と別れてくれません。このままの状態が続くのはとても負担なのですが……。惚れた弱みで、私から別れを告げることは出来ません。どんな言葉をかければ、彼は私だけを見てくれるのでしょうか。

【A】

これは、言葉でなんとか解決しようと思っているからダメなんですよね。やっぱり恋愛も仕事もそうですけれど、大事なのはアクションだと思います。あなたは今、彼と同棲していますよね。だったら「地元の彼女の問題にケリがつくまで、一緒に暮らせない」と言って、彼の元を離れてみたらどうですか。そうすると彼もあやふやなことはできないし、真剣になりますから。「もしあなたができないのであれば、私が電話をして彼女と直接話す」と言ってもいいと思います。男の人はだいたい優柔不断なので、追い込まれないと、自分が損をするアクションには出られないんですよ。だって、地元に帰ったら昔なじみのかわいい彼女がいて、東京には同棲している彼女がいるというのは、彼にとっては夢の遠距離ハーレムなので(笑)。そこはやっぱり相手にいい思いばっかりさせてはいけないじゃないですか。

この場合は、あなたがアクションを起こせば勝てます。なぜならあなたは、彼にとっては「目の前にぶら下がっているおいしい肉」だからです。地元には、夏休みなどの長い休みのとき以外は帰れないじゃないですか。そしたら、手近にいて普段食べているおいしいごはんのほうが強い(笑)。この距離の差を利用して恋愛の勝者になってもらいたいですね。それには1週間でも2週間でもいいから、友達の家や実家に行って、彼の頭を冷やさせたらどうですか。ハーレムは永遠には続かないし、「私とつきあうなら、そういう甘いことは許せないんだけど」と言ったほうがいいと思います。

はっきり言って、その彼もまだ若くてたいして女性経験がないんじゃないですか。あなたもたぶんあまり男性経験がなくて、「初めての相手なので、素晴らしい人なんだ」と思っているかもしれないけれど、まだしょっぱい程度の同棲です。もっといい男もいるし、それでもグズグズするようだったら彼のことは切っちゃってもいいと思います。恋愛の可能性はまだまだ無限に広がっているので、諦めずに攻めてほしいですね。

でも、この彼もやっぱりまだ若いよね。これが大人だったら「地元に彼女がいる」なんて最初から一言も言いません。アホだから、「自分はモテる」っていうふりをしたいんだよね。若い子って同世代の子とつきあうと、必ず背伸びをして「自分のほうが上だ」と恋人同士で競い合うじゃないですか。年をとると必ず相手を勝たせてあげることができるようになるんですけど。
まっ、ぼくの場合は、最初から女の子には負けるようにしていましたけどね(笑)。

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。メルマガでは、1号につき10以上の質問に回答中。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

【メールマガジン】石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』は、毎月第2・第4金曜日に配信中!

新コーナーに動画配信と、ますますパワーアップしております。

メルマガのご登録初月は無料。当月配信分、全てお試しいただけますので、ぜひお気軽にお楽しみ下さい。

詳細はこちら→http://ishidaira.com/booktalk/

────────────────────────

◆バックナンバー販売のお知らせ◆

過去に配信したメルマガバックナンバーは、以下よりご購入頂けます。

・キクタスストア http://kiqtasstore.com/ishidaira/
「バックナンバーを購入する」から
・夜間飛行    http://yakan-hiko.com/ishidaira.html
・まぐまぐ    http://www.mag2.com/archives/0001660015/

────────────────────────

2017年1月8日|

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』動画版第18弾、新年から飛ばしています。

 

────────────────────────

2017年のご挨拶に
マゾヒズムの語源になった
作家マゾッホの話。
新年から飛ばしています。

石田衣良

────────────────────────

ご好評頂いている動画版、第18号をお届けします。

おなじみのQ&Aやコメンテーターのコーナーから、動画版だけのオリジナルコーナーまで…。

文字とはひと味違った「小説家と過ごす日曜日」がそこにはあるはず──。

メルマガはまだ講読していないけれど、動画が気になる・・と仰る方のために、ダイジェスト版をご用意しました。ぜひご覧下さい。

全編は、石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』でどうぞ!ご登録初月は無料で当月配信分(メルマガ+動画)全てご覧いただけます。

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

 

お試しはこちらから。3種類の配信方法がありますので、使い慣れたものがあれば、そちらからお選び下さい。(配信内容は全て同じです。)

2017年1月6日|

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』第36号、一年をしっとり振り返ります。

booktalk-2

────────────────────────

その後のツイッターをめぐる短篇と
年の瀬エッセイその他。
今回は一年をしっとり振り返ります。

石田衣良

────────────────────────

石田衣良ブックトーク 『小説家と過ごす日曜日』
第36号を配信しました。

────────────
今週の目次
────────────

00 PICK UP「付き合った頃のときめきを失いました」
01 ショートショート「ツイッターその後」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈36〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記
今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈36〉
──────────────────────

◇芽生えの2016年   石田衣良

1年を振り返る季節になりました。

あなたにとって今年はどんな年でしたか。代わり映えしない年、あるいは劇的な変化の年、人によっていろいろだろうけど、それでも12月固有のどこかセンチメンタルな気分は共通しているのではないかな。

西洋はイエスキリストの生誕に基準点をおいて、そこから2000を超える年を積み重ねてきましたが、日本では天皇の代替わりで時間はリセットされます。時間の認識方法自体が、だいぶ違っていて、積みあげ式の石の時間とさらさらと流れる水の時間ほど感覚的には差があるのです。

すべてを水に流して、新しい年を始める。1年ごとに年を改め更新される日本式の時間では、勢い年の瀬と正月がとても重要な区切りになるのです。このうちぼくが好きなのは、実は新年ではなく年末のほうです。

ある程度大人になると、なにかが終わっていくこの切ない感じが、身に染みていい。こうして1年を振り返るエッセイなんかを書いていると、どこか心さわぐものがあるのです。ああまた1年が終わっていく。今年もなにごともなくいい年だったなあと。

2016年はリオオリンピックに芸能人の不倫騒動、築地市場の移転問題などなど国内的には小粒なニュースばかり。転じて目を世界にむけると、イギリスのEU離脱決定にトランプ逆転勝利、難民問題と中東・東欧の紛争と、激動という言葉がふさわしい年でした・・・続きはブックトーク本編で……)

 

◆池袋の12月   真島マコト

池袋の街はあいかわらずのクリスマス商戦が花盛り。

それでもあまり熱気がないのはもう20年も続くという不景気のせいか。

まあおれはもの心ついたときから、ずっとこの調子だから、商店街のおっさんたちがいう好景気がどういうものか、今ひとつわからないんだけどな。

うちの店は別にツリーもリースもつけずに通常営業している。

おれのほうもいつものとおりの日々。

今年もおれの活躍?が一冊の本になったけど、おれ自身は別にヒーローでもなく名探偵でもなくただのレポーターのつもりだ・・・続きはブックトーク本編で……)

────────────────────────

毎回、驚きの質問が飛び交う「恋と仕事と社会のQ&A」コーナー。

今回の質問を駆け足でご紹介します。(抜粋でごめんなさい!)

  • ▼PickUp▼21歳・大学3年生の男子です。今の彼女と付き合って約3年になりますが、付き合いはじめのときの大好きな気持ちはとうに消え、デートもマンネリになって数も減りました。とはいえ、嫌いになったわけではありません。世にいう倦怠期に入った……
  • ▼Q.1▼30代の女性です。覚えていらっしゃらないかもしれませんが、NHKの番組の同性愛のお話でご一緒した者です。私はあの後カナダで結婚式を挙げて、やっと死ぬまで孤独の心配がいらない人生を手に入れたと思っていました。でもその後一年もしないう……
  • ▼Q.2▼27歳女性です。私はこれまでに何人かの男性と付き合ってきましたが、体の関係をもつときに最後までできたことがありません。幸せなセックスがしたいんですが、男の人に触れられると不安に襲われていやな気持ちになってしまいます。私は子どもの頃……
  • ▼Q.3▼福岡県で起きた小学校5年生強姦殺人事件について。多くのメディアは、事件発覚当初、これが強姦殺人だということをあいまいに濁していました。しかもこの犯人が、沖縄で9歳の女児を含む4人に強姦、強姦未遂を働き、12年間刑務所に入っていたと……
  • ▼Q.4▼私の彼は台湾人です。かっこよくて自分にないものもあるしステキだなと思ったのですが、はじめて彼の家にいったらいろいろな女の子と撮った写真がボードにディスプレイされていて、ひきました。普通元カノとかの写真ってあったとしても見られないよ……
  • ▼Q.5▼名の知れた大企業で働いている33歳の会社員です。会社にはいわゆる「窓際」と呼ばれるような働かないおじさんたちがたくさんいます。彼らは労働法で厳重に守られているため、就業中に働いているフリして、「ソリティア」をしていようとクビにする……
  • ▼Q.6▼30代、4人の子どもの母です。とてもズボラなのでぜんぜん貯金がたまりません。計画的にお金を使うのが苦手でちょこちょこATMでお金を下ろしたり、家計の支出を把握することを断念してしまったりします。「生活費のあまりを貯金に回そう!」と……
  • ▼Q.7▼最近はじめて『香道』というものを体験しました。何種類かの香をたいて、香当て競技をする『組香』というのが楽しかったです。日本らしい、繊細な感受性をいかした遊びだなと思いました。石田さんは、日本文化で好きなものはありますか?

 

さてさて、石田衣良の回答は?

続きはブックトーク本編でお楽しみ下さい。

────────────────────────

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

【メールマガジン】石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』は、毎月第2・第4金曜日に配信中!

メルマガのご登録初月は無料。当月配信分、全てお試しいただけますので、ぜひお気軽にお楽しみ下さい。

詳細はこちら→http://ishidaira.com/booktalk/

────────────────────────

◆バックナンバー販売のお知らせ◆

過去に配信したメルマガバックナンバーは、以下よりご購入頂けます。

・キクタスストア http://kiqtasstore.com/ishidaira/
「バックナンバーを購入する」から
・夜間飛行    http://yakan-hiko.com/ishidaira.html
・まぐまぐ    http://www.mag2.com/archives/0001660015/

────────────────────────

2016年12月23日|

▼Q▼「作家・石田衣良」はどんな作家ですか? ─ 恋と仕事と社会のQ&Aより

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」に掲載された、過去の記事よりQ&Aをご紹介!石田衣良の回答もご覧頂けます。

▼Q▼
衣良さんはいつもクールで何事も客観視されているイメージがあります。そんな衣良さんから見た「作家・石田衣良」はどんな作家ですか?ご自身を偉大な作家だと思いますか(イジワルな質問でごめんなさい)?

【A】

ある種、器用な作家だなというイメージはあります。昔、編集者と話しているときに、ぼくがあまりにもいろんなジャンルのものを書くので「石田さんは本当は何が書きたいんですか?」といわれたんですよ。はたと考えてみると、今まで書かれていた全ジャンルの小説のおもしろいところを抜き出して、自分なりにぜんぶ書き直したいという気持ちはあるんだけど「こういう小説が自分の作品です」といって書きたいものはないんです。メッセージとしてどうしても伝えたいという強烈なことはない。そういう意味では、変な作家だなとは思います。その変なところが、時としてクールにうつることもあるのかもしれません。いつも自分自身を離れて見ているし、社会の状況や世界に関してもすごく離れて見ています。 昔は自分を変えてみたいなと思ったこともあるんですよ。一つのテーマを一生コツコツ掘り下げたりするのもかっこいいなと思ったんです。やってみようと思ったんだけどできなかったんですよね。そういうことが好きじゃないし、一つのことを掘り下げる人ってすごく熱量があって心が動かされるんだけど、肝心の小説がうまくないんですよね。ぼくは、どんなに素晴らしい作品でもうまくない小説が好きじゃないんです。だから微妙ですね。偉大というのがどういうくくりになるのかわかりませんけれど、偉大な作家というのは死んでから50年後くらいに判断されるんじゃないですかね。偉大というのは簡単に使えない言葉なのでね。

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』では、読者からの人生相談を募集中。

恋愛、就活、不倫、セックス、同性愛、お金、介護・・・さまさまなジャンルに石田衣良が鋭い切れ味でお答えしています。メルマガでは、1号につき10以上の質問に回答中。

そして、石田衣良ファンにも嬉しい、毎号のショートショート書き下ろし。

「メルマガ」と題してはいますが、実は文章量が原稿用紙100枚にのぼる、重量感のあるエンターテイメント・メディアなのです。

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう・・。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。

初月無料ですので、ぜひ一度、全編を味わってみて下さい。

【メールマガジン】石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』は、毎月第2・第4金曜日に配信中!

新コーナーに動画配信と、ますますパワーアップしております。

メルマガのご登録初月は無料。当月配信分、全てお試しいただけますので、ぜひお気軽にお楽しみ下さい。

詳細はこちら→http://ishidaira.com/booktalk/

────────────────────────

◆バックナンバー販売のお知らせ◆

過去に配信したメルマガバックナンバーは、以下よりご購入頂けます。

・キクタスストア http://kiqtasstore.com/ishidaira/
「バックナンバーを購入する」から
・夜間飛行    http://yakan-hiko.com/ishidaira.html
・まぐまぐ    http://www.mag2.com/archives/0001660015/

────────────────────────

2016年12月14日|
top-booktalk

ポッドキャスト(無料ネットラジオ)配信中!

▶︎ iPhoneはこちら
▶︎ Web版はこちら
▶︎ Androidはこちらの無料アプリをインストールして「石田衣良」で検索